機能

特徴

  1. グループ毎にメーリングリストを自由に使えます。
  2. そのメーリングリストを受け皿に、独自の3階層構造により緊急一斉メールを一発配信!
  3. このメーリングリストは無制限に作れます。
  4. 必要な環境は、インターネット回線に接続されているパソコンとプリンターだけ!
田んぼの目メールシステム図

※現在、数万アドレスのご登録があり、多い日で数万本のメールが日々配信されています。



「グループ毎にメーリングリスト」?

  1. 『田んぼの目』内では、グループ毎のメーリングリストを“レギュラーアドレス”と呼んでいます。
  2. このグループ毎のメーリングリストは、自由にお作り頂くことが可能ですし、その数に制限はありません。
レギュラーアドレス例示図

「一斉配信」?

  1. 『田んぼの目』内では、グループ毎のメーリングリストを受皿として一斉配信するアドレスを“プレジデントアドレス”と呼んでいます。[登録者全員に配信する場合のメールアドレスです。]
  2. 『田んぼの目』内では、グループ毎のメーリングリストを受皿として部分配信するアドレスを“ミドルアドレス”と呼んでいます。[自由に設置できます。例:学年別など。]
プレジデント/ミドル例示図

日常利用の大切さ

  1. 『田んぼの目』の最大の特徴は、「グループ毎にメーリングリストが使用できる」ことですが、これは皆が便利というだけでなく、日常的訓練を頂点とした登録アドレスの陳腐化防止、参加の促進という重要な役割をもって設置されています。
  2. これは、PTA活動十数年、子供達を事件事故や災害から予防的に守る研究活動3年というまさに現場の親と先生方の願いから生まれた仕組みです。
日常利用の目的ビラミット例示図

問合せ回答集計システム[【概要】図示C箇所]

  1. 『田んぼの目』内では、問合せ回答集計システムを「かえる君」と読んでいます。詳しくは、画面左に配置されております「かえる君」バナーをクリック! または、こちらから。

一斉メールのご利用方法

  1. 先ず、「グループ毎にメーリングリスト」を作成して頂きます。(作るグループは自由です。)
  2. そのグループ毎のメーリングリストに、各グループ員の端末からメールによる登録を行って頂きます。
  3. そのグループ毎のメーリングリストを各グループ員の連絡網として自由にご利用頂きます。(このときプライバシーへの配慮で発信者のアドレスは表示されませんので、文面に発信者の署名をしてください。)
  4.   
  5. 一斉配信をする場合、プレジデントアドレス宛てに送信を許可された端末から、メールを一本送信して下さい。全員に配信されます。
  6. 部分配信をする場合、ミドルアドレス宛てに送信を許可された端末から、メールを一本送信して下さい。指定のグループ毎のメーリングリスト登録者にのみ配信されます。

詳しいご利用方法は、こちらより説明書をダウンロードし、ご覧頂ければ幸いです。

メーリングリスト管理

  1. 管理者はこれらの機能を「グループ毎のメーリングリストを作る。」だけで実現できます。
  2. エラーメッセージの処理に「3ストライク制」を採用し、送信できなかったメールが3回を超えると、自動的にそのメールアドレスを削除し、運用管理者へ通知します。勿論、1回目と2回目もその都度通知し、その回数は登録者一覧にカウント表示されます。[★迷子アドレス自動対応機能!]